· 

シューズは選手の命綱

 

ちっぽけな  この自分の力さえ、使いきれていない事が悔しい。


 

日曜日は 蝉しぐれの小学校のグランドで

 

野球少年たちに スパイクの履き方を指導してきました。

 

 

野球は やはり、他のスポーツと・・・

 

 一線を画するものがあると思いました。

シューズの状態が これほど悲惨な競技は 他にないと思うのです。

 

自分の力はちっぽけすぎて、この現状は変えられないけど・・・

 

 

 

それでもさぁ。。

 

 チビっ子たちの笑顔を見てると

 

 誰かがやらなきゃダメだと思う。

シューズは選手の命綱

ミニバス 左膝の痛み。 

 

青い方が、今まで使っていてたシューズ。

 

 

サイズが小さくなったので、

 

紫のシューズに履き替えたとのこと。

     今履いているシューズを

     いつものように履いた歩行

 

使わなくなった小さいモノ

僕が履かせたときの歩行

 


 

つま先の向く方向の違いが判るでしょうか??

 

実際は、みんな 2.5cm~3cm くらい大きなシューズを履いています。

 

 

 一歩あるくごとに、一歩走るごとに 膝を捻っています。

 

 

 

 

それは子供達が悪いはずもなく、

 

 

ただ純粋に、

 

 明日の希望に向かって

 

 汗を流しているのです。

 

 


 

 

紐 結びすぎて皮向けました。

ランニングシューズや、バスケットシューズのようなフラットソウルと違い、

 

ポイントで支える 野球や、サッカーのスパイクは、


上手に使えば とても楽しいものだけど、同時に危険を伴います。

 

 

捻挫で来院する子のシューズは問題がある場合がほとんどです。

 


 

足の治療をしながら、シューズを治して・・・ 


スパイクに型をつけて・・・

 

(向かって右が型をつけたシューズ)

 

 

 

 治療費 3,700円(学生価格)とか・・・

割の合わない仕事をしてるけど・・・

 

 

 

 

 

 

自分たちの利益だけに留まらず、

 

もっと地域を笑顔にしようと思って日々過ごしていれば

 


 

 

困った時には、意外と誰かが助けてくれるもので・・・


 

こんな弱小な治療院でも20年・・・なんとかやって来れました。

 

できる事は小さいですが・・・小さいことならやれるはず。


ニュースにも新聞にも載らないけれど・・・

 

この空だけは見ていると信じて進みます。