· 

マネージャーは僕を見習ってもいいですよ。

 

頼まれもしない事をして疎まれないか? そう悩んで何もしなかった一日と、

 

やれる事を精一杯やって・・・疎まれた一日。

 

もし、自分が志半ばで倒れた時に、どちらが自分らしい生き方だったか?

 

 

そう考えれば 間違いなく 後者だろう。。そう覚悟を決めて

 

 

 

先日 訪問した少年野球チームに・・・電話で申し出ました。


 「チーム全員分のスパイクを

         メンテナンスさせて下さい。」

 

だって・・・アレじゃぁ、 速く走れないどころか、足こわしちゃう。。

 

断られるどころか・・・院まで届けていただきました (∩_∩)

 

覚悟はしてたけど、酷い状態です。

 

 

 

前回講習に行った時、切れかけた紐が

 

多かったので、締める事ができませんでした。

 

 

 

全員分のシューレースを買ってきました。

 

選んだのは、ディフォルトより 5cm短い 110cm。

 

 

シューズの紐が長くて悩んでるくらいなら、短い紐に変えればいい。

 

 

余る靴ひもは、怪我の元です。

 

 

でも、それすら やらない子が多いですね。紐は150円~300円程度です。

 

練習だけが競技じゃなくて、そういう細かい所も含めて競技です。

 

それを 面倒くさいというのなら、

点数とか、タイムとか・・・細かいこと気にするなって思うのですが。

 

 

スパイクの中の砂を出すだけでも大作業です

 

スパイクの中は水洗いせずにブラッシングで済ませます

米粒一つ付いていても 気になるのが足の裏です。

 

縫い目の悪さはないか? 不良品はないか?

 

手で確かめながらブラシをかけます。有れば修正します。

アウターと、アウトソールは

 

シューズに水が浸透しないように

 

濡れたブラシと

乾いたブラシを使い分けて水洗いします。


サイズが合っていない為、めくれ上がったインソール

 

 

これも、捻挫や転倒の元になります。

 

 

 

 

 

 

インソールはぬるま湯と中性洗剤で洗ってからアイロンがけ。

 

潰れて薄くなった部分を 熱で極力修復します。戻らないところは、

 

 

後で、つぎはぎして補修します。 丸まったインソールは

 

 

表→裏の順番でヒーテイングすると、簡単に平になります。

     修繕前

修繕後


 

ほつれや、破れを補修します。


埃をしっかり落とす事

 

 

一度に接着しようとせずに

 

接着する両面に補修材で被膜を作り、

 

半乾きになったところで、圧着。

     修繕前

修繕後


必要がある所は 接着剤が乾いた後、針と糸で縫って補修します。 

 

 

スパイクに型付けします。 これが一番面倒くさい。

 

スパイクに小指が当るとか、当たり前です。

 

何もしないで当たるようなら

 

オーバーサイズだと思います。

 

スパイクの刃は、それぞれ・・・加速の刃、ブレーキの刃、役割が決まっています。

 

足の正しい場所に、正しい箇所を嵌めなければ 

 

走行抵抗になるだけでなく、足の故障につながります。

 

どちらもスパイクの右足

 

向かって右が型を付けたスパイク。

 

左が型を着けなかったスパイク。

夜も遅くなったので、助っ人を呼びます。

 

 

日高バランス接骨院の

 

藤巻院長先生に手伝ってもらいました。

うちは ブラック企業ですから、時給は払いません。


業界とか、看板とか・・・そんな小さい垣根を越えて

 

同じ床に座を据えて話ができる時間は楽しいものですね。

 

快く手伝ってくれてアリガトウ☆ (∩_∩) 助かりました。

 

シューレースを蠟引きします

 

 

雨が降っても水が浸みないこと

 

スライディングしても紐が切れないこと

 

シューズが動くこと...

 

走る足は、常に形を変えるので、それに追従できないシューズは

 

足枷となり体力を摩耗します。 紐が固着するようではイケてません。

 

 

 蠟引きも大切な作業です。

 

 

 ベロにワックスを掛けてから、シューレーシングします。

 

穴の位置があっていないPカップ。砂や埃がたまるので、

 

 

シューズの穴に合わせてポンチで穴をあけます。


こんなものは、穴をあけちゃえばイイんです。

 

 

日づけが変わりそうになったので、今夜はこの辺で終了します。

 

 

 だれも見ていない所で、やってもお金にならない事をやるのは馬鹿らしい。

 

 

 ・・・そんな考えも否定しないけど、

 

 

 そういう所で、人間性は磨かれるのだと思います。