· 

自信がないって考えは、自分の事を中心に考えているようで・・・

 

誰もが折り合いのつかない自分と向き合い、

先の見えない自分と葛藤している。

 

いつしか、そんな技術者たちが、数多く流れ着くようになった若葉治療院。


富士院ができてから4年の間に

 

目と鼻の先に、チェーン店の安い揉み屋が二軒できた。

 

今日、久しぶりに富士院に行ったら、二件とも閉店していた。

 

 

そこで働いていたスタッフの事を思うと・・・忍びなく思う。


 

今、彼らは どんな思いで、どこで働いているのだろうか?

 ・・・そんな事を考える。


閉店した近所のマッサージ屋さんの前に立ち、

改めて、富士院スタッフの個々の力の高さに感心する。

 

こんな大手のチャーン店も撤退するこの場所で、

よく回してるよなぁ。。と・・・ 他人事のように尊敬する。  (-_-;

 

 

チェーン店の資本と違い、こちらは宣伝広告費も使えない。

患者さんからの紹介率の高さと、リピート率の高さで運営している。

 

 


昨夜も終業後に、週に一度の技術練習。結局 終わったのは0時近かった。


 

あちらの大手チェーン店の中に・・・
 

うちのスタッフみたいなのが 一人でも居たらと思うと・・・ゾっとする。


 

改めて、チームの力は個の力と思い知る。


みんな 『自分の技術に、自信がない』、そう言って、

 

ここに流れ着き、今もそう言いながら練習を重ねるけれど、

 

自信って、そんなに大事なんだろうか??

 

 

 

長くこの仕事をしていると、


 

自信があるとか、ないとか・・・ そんな


 

甘っちょろい事を言ってられない局面も多々あります。


 

 

 

私、個人の主観ですが、

 

 

自信がないって考えは、自分の事を中心に考えているようで・・・

 

仕事の本質を違えているように思えます。

 

 

ホントは、自信なんて、どうでも良くて

 

 

どうすれば、来てくれる人が喜んでくれるか?

 

 

掃除も治療も、植木や花の手入れも、

 

どうすれば、みんなが喜んでくれるか?

 

 

それだけ考えていれば・・・・いいんじゃないですかね?

 

 

「自信がないからやらない」よりは、「自信がないからやる」 、

 

その方がいいけれど、

 

「もっと患者さんに喜んで欲しいからやる。」

 

そういう考えの方がシンプルで・・・僕は好感が持てます。


医療の医の字は、元々は 「醫」と書きます。

 

医 + 殳 + 酉 で構成されています。

 

医は医療技術、  殳は奉仕の精神、  酉は癒しの心。

 

医療の醫の字は・・・人を思いやる気持ちと

 

 

僕が自分の先生から、そう教わったのは、

 

まだ、不真面目だった18歳のころでしたから・・・

 

細かい事は忘れました。(すみません)


仕事の本質、学ぶ事の本質を忘れそうになったら・・・

 

一度手を止めて、思い出す時間が必要です。