· 

痛くない足がどれだけ壊れているか?検査します

 

「痛めている日本人の足、全てを、自分一人ででも治す。」

 

自分にそれくらいの覚悟がなかったから・・・彼女の足が治せなかったんじゃないのか?

。。そんな事を最近思います。 

 

それは思い上がりじゃなくて、それくらいの覚悟がないと、女の子の足の一本すら・・・治せやしないような・・・そんな事を最近思うのです。


研究室でやりたかったことの一つに、

痛くない足が、どれだけ壊れているか検査する。

そんなことがあります。

 


ランナーの皆さん、よく見てくださいよ。

いつもは故障したランナーばかり見てますが、

まったく何処も痛くないランナーの走りを、治療前と後で比べて見てみますよ。

 

どれだけ壊れているでしょうか??

〈治療前〉

〈治療後〉


治療前の走りが、左右にフラフラしているのは判るでしょうか?


公園とか走ってるランナーを見てると、結構ありますね。職業がら、とても気になります。

 

〈関連記事〉     女性のランナーの髪が揺れるのは故障のサイン

 

 

二本の足で走るには、

    ・動的な安定状態ともいえるスムーズさ、

    ・リズム、

    ・対称性 

  この三つが重要で、これがは破綻すると跛行となって、急激にエネルギーを消失します。

 

 簡単な言い方をすると、左右にフラフラ走ると、無駄なエネルギーを使うってこと。


最近、研究室で研究していたのはそんなこと。

 

「グラグラするのは体幹が弱いから」 そう唱えた人は素晴らしいと思うけど、

他人の理論の尻馬に乗った “体幹商法”が横行すると本質を見失ってしまいます。


●体幹がグラグラする原因は?

今回グラグラしてた原因を簡単に説明しますよ。

治療前と後の足の裏を並べてみますよ。 まず右足。つま先の向きに注目してください。

 マラソンは、前に進む競技です。どちらの足が前に進めるか??

 トゥ(つま先)のコントロールが全てです。

●「母趾球で蹴る」は勘違いされやすい

 -----次に左足-----

 ランニングの基本で “母趾球で蹴る” と、よく言われますが、勘違いされている場合が非常に多い言葉ですね。母趾球で真っ直ぐ蹴りだして下さい。


●効率の良い動きは故障しない

 効率の良い走りはエネルギー消費も少なくて済みますし、故障や怪我も起きません。

 

ですから、痛みを治すという考えよりも、

「効率の良い動きを取り戻す」、そんな事を考えています。

 

なぜならば、効率の良い動きを取り戻さない限り、再びどこかを壊し続けるからです。

 


●効率の良い動きとは、効率の悪い動きをしないこと 

何が効率の良い動きか?それを考えることは難しいのですが、

何が効率の悪い動きか?それを考えれば、答えは無限にでてきます。

 

フォームを意識して走るのは、そもそも効率が悪いので、

無意識に効率の良い動きができる必要があります。


●つま先が外を向く原因は

    ・足首関節に異常がある場合

    ・膝関節から捻じれている場合

    ・股関節から捻じれている場合

    ・腰が進行方向(正面)を向けていない場合

    ・おしり、腰まわりの可動不足

    ・頸椎の固着

    ・歩幅の問題

    ・シューズの問題

 

   さらに、それらが複合的に重なり合う場合・・・と、いろいろと考えられますが、

治療前の走りを見て、一番 私が治したかった場所は右の肩でした。

〈治療前〉


   左の肘頭が動く奇跡と、右の肘頭の動く奇跡の違いが判るでしょうか? 

私見ですが、右の肩が引き切れていない分、左右の歩幅の違いが生じ、

お尻を右に振り出すのは、その帳尻合わせでしょうか?

 

 どちらにしろ、肩のリズムの悪さがエネルギーを消失しているように思うのです。

 

※ いつも 私の我侭な探求に付き合ってくれる患者様・ランナーの皆様に感謝です☆