· 

膝が落ちると故障のサイン

 

速く走れる体と、壊れない体。 

相反する目的を両立するには鍛えることと整えること。

両方の技術が必要です。


最近 ラボで研究して解ったことがいくつかあります。  それは走る時の膝の高さの話。

 

福岡県から来院してくれたランナーさんの続き )


膝の裏に引いた線の、左右の高低差が大きいと故障しやすい。

左右の膝の高さが違うのは、前後の荷重配分の違いだったり、


 

左右の加重配分によって引き起こされる。

 

膝の高さの左右差があると斜めに飛んでしまったり、頭が上下に浮き沈みを起こし、

体にかかる衝撃は増え、膝やスネの故障に繋がるし、足の裏の負担も増えるので、

足底も痛めやすい。

 

陸上競技の指導者の方からすれば、 

「今さらぁ?!」 ってくらい、あたりまえの事なんだけど、

膝の痛みや足首の痛みを治す方法や、

予防法を調べたときには、膝の高さのことは出てきません。

 

膝が落ちると、故障の原因になるなら、

故障を治すなら、「膝が落ちないように治すしかないんじゃないのか?」って。。。

 

なんで、今まで誰もツッこまなかったんだろう??

〈治療前〉

〈治療後〉


 

まず、左右の片足立ち、片足背伸び、片足スクワットで真っ直ぐ立てないアライメントを、

インソールでごまかすんじゃなくて、全部真っ直ぐ立てるように整える。

 

●動的なアライメントを整える

次に、動的アライメント(動いている時の骨の並び)を真っ直ぐ整える。
静的なアライメントと、動的なアライメントを整えれば、理屈てきには・・・膝の高さは揃うはず?

 

グラグラするのを体幹を鍛えて抑え込むより、グラグラする原因を治した方がいい。

 

〈治療前〉

〈治療後〉


最近、そんな事を研究してます。