· 

原点

アメブロはコチラから

「人の役に立つ事がしたい」

そんな思いで治療家を志した高校時代。

アスリートとして目立った記録を残した訳ではありません。

中体連では県大会止まり、インターハイでは地区予選落ち、マラソンでの入賞経験無し、、、

大会では、同級生の付き添いやマッサージといった、

裏方の役割がほとんどでした。

 

陸上競技を続ける中で気づきました。

「競技者として輝く事は難しい。

 でも、競技者が輝く為のサポートならできるのでは?


そう思い治療家を目指し、

専門学校に入学し現在に至ります。

目標が曖昧なまま学校生活を送る中で、

明確な目標が見つかりました。

〜生涯目標〜

選手が記録を出せるような

 治療をする

その為に、自らも

 競技者として現場に立つ

選手は皆、「自分の目標が分からない」

「どんな練習をしたらいいのか分からない」

「自己ベストが出ない」

様々な悩みを抱えて、競技に打ち込んでいると思います。

そんな悩みに寄り添い一緒に乗り越えてくれる

先生がいたらいいのになー(ーー;)

私は学生時代、そう思っていました。

恥ずかしながら、市民ランナーである今でも、

そう思うことがあります(笑)

 

口で言うのは簡単ですが、実行するのは難しい。

だからこそ、自分の全てをさらけ出して、

 

”プロの治療家”

 

いつしか呼んでもらえるように、

ここに覚悟を示しておきます。

 

これが私の原点です。

山田洋太


 

ブログ制作者の情報はコチラから↓

Twitter:「@wakaba_runner

Facebook:「山田 洋太

アメブロ:「若葉治療院のランナー 山田洋太